妻がSBI証券で積立NISA投資デビュー!Tポイントが貯まる

妻がSBI証券で積立NISA投資デビュー!Tポイントが貯まる つみたてNISA
この記事はSBI証券で積立NISAを開始したい方におすすめです。

先日(2020年2月)、妻がSBI証券にて、積立NISA投資デビューしました!

 

SBI証券に決めた理由は、2019年7月より、Tポイントを使って投資できるサービスが導入されたからですね!

  

ただし、僕が勘違いしていたこともありました。。。

 

それは、

Tポイント投資は現状、投資信託の「積立買付」はできないということ。

 

このあたり、記事中でも解説していきます。

この記事を読んで分かること
・SBI証券のTポイントサービス概要
・Tポイント投資に関する僕の勘違い
コアラ
さっそく解説していきます。

SBI証券で積立NISAを始めると、Tポイントが貯まってお得!

SBI証券で積立NISAを始めると、Tポイントが貯まってお得!

繰り返しになりますが、SBI証券に決めた理由は、2019年7月より、Tポイントを使って投資できるサービスが導入されたからです!

 

これにより、以下のことが可能になります。

  • 積立NISAでTポイントを貯める
  • 貯まったTポイントを株式投資や投資信託の購入に使える

 

詳細は後述するとして、先に投資銘柄について簡単にご紹介します。

投資銘柄は、「eMAXIS SLim 米国株式(S&P500)」

eMAXIS SLim 米国株式(S&P500)の特徴は以下のとおり。

  • 米国投資
  • 対象指数はS&P500(世界的に有名な企業の寄せ集めパック)
  • 購入時手数料:無料
  • 信託報酬:0.0968%

最大の特徴は、圧倒的に信託報酬(運用コスト)が安いことでしょう。

無駄な経費を抑えて堅実に増やしていく、積立NISAにピッタリの商品ですね!

 

投資金額は毎月2万円(年間24万円相当)

妻はほかに個人年金を積み立てていることと、我が家の家計を考慮して、年間40万円満額相当の投資は控えました。

 

2020年3月のコロナショックの世界的な株価の大幅下落を機に、投資金額を月33,333円(年間40万円満額相当)に増額しました (おい!) 。

Tポイントサービスの概要

Tポイントサービスの概要を公式HPから一部抜粋して紹介します。

Tポイント投資(Tポイントが使える)

概要投資信託の買付にTポイントが利用可能
(買付代金相当額の全額または一部)
対象サービス 金額指定の買付
※積立買付、口数買付、ジュニアNISA口座における買付は対象外
※インターネットでの買付のみが対象
ポイント利用単位 1ポイント1円相当
・利用上限:なし
・利用下限:最低1ポイントから利用可能
利用可能なポイント Tポイント、期間固定Tポイント
※期間固定Tポイントは、SBI証券でのみ利用が可能なポイント

Tポイントでできる投資対象は、投資信託です。

 

ここで注意点。次をご覧ください。

【僕の勘違い】Tポイント投資は、投資信託の「積立買付」には使えない!

先ほどの表の対象サービスをみてもらうと分かる通り、Tポイント投資は、投資信託を自動で定期的に積み立ててもらえる、「積立買付」には使えないんです!

つまり、積立NISAにも使えません

僕は楽天証券で積立NISAをしています。

楽天証券では積立買付でもポイントが貯まるので、勘違いしていましたね。

 

コアラ
貯まったポイントは通常の口座で投資信託を買い付けすればいいですね。

Tポイントが貯まる

国内株式現物取引
(国内株式手数料マイレージ )
Tポイント
・スタンダードプラン及びPTS取引の月間合計手数料の1.1%相当のポイント
投資信託取引
(投信マイレージ )
Tポイント
・対象投資信託の月間平均保有額が、
 1,000万円未満のお客さまに年率0.1%相当のポイント
 1,000万円以上のお客さまに年率0.2%相当のポイント
※一部のファンドは0.1%未満の付与率となります。
金・プラチナ取引(金・プラチナ・銀マイレージ) Tポイント
・スポット取引及び積立買付の月間合計手数料の1.0%相当のポイント
新規口座開設 期間固定Tポイント
・一律100ポイント
国内株式入庫 期間固定Tポイント
・1回の移管入庫につき100ポイント
各種キャンペーン Tポイント、期間固定Tポイント
・キャンペーンにより変動

月間平均保有額に応じてTポイントが貯まります。

積立NISAの運用だけなら、保有額は1,000万未満となるでしょう。

その場合は、年率0.01%のポイント還元となりますね。

楽天証券で積立NISAを始めなかった理由

夫である僕は楽天証券にて積立NISAを始めています。

「なぜ夫である僕と同じ楽天証券にしなかったの?」

という疑問についてお答えすると、

  • 妻は過去にSBI証券で通常のNISAを開設していた
  • 手間がかかるのを嫌った
  • Tポイント投資が可能になった
  • 僕とどちらのほうが利益が出るか比較してみたいと思った

このあたりが理由ですね。

ただし、Tポイント投資については前述のとおり、積立買付には利用できないので注意してくださいね。

結局どちらで始めるのが良いのか

積立NISAに限って言えば、ポイント面を考慮すると楽天証券がおすすめです。

 

ただし、SBI証券でもTポイントは通常の投資信託の買い付けに使えますので、そこまで不利になりませんよ。

妻マミー
ポイントなので、実質タダで資産運用できますね。
コアラ
普段貯めたTポイントの使い道に困っている方にとってもいいですね。

妻がSBI証券で積立NISA投資デビュー!Tポイントが貯まる まとめ

まとめ

さて、妻と僕の積立NISAは今後どちらが多くの利益を生むでしょうか。

 

運用報告は僕と同じく定期的に発信していきますね。

 

いずれ妻がTポイントを使って投資する際も、報告させていただきます。

 

\ネット証券最大手のSBI証券/

 

Twitter(@KoaraCom)でも情報発信しております。
お気軽にフォローまたは感想をツイートください^^